忍者ブログ
アルシェリの妄想を気が済むまで書いてます。 自分用メモも兼ねた感想
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきました!!男性の方も結構いらしてびっくりでした。
15分の休憩をはさんで映画2本見ました
席が前の方ですっごい首が痛かったですが、大画面で見れたことに
とっても満足でした!!
シェリルライブが超かっこよかったああああ!!家のテレビ買い換えたいです
イツワリを2週間見ない禁欲生活続けた甲斐がありました!
以下映画で気づいた点。 ランカ好きな方は読まないでください~!!^^;

イツワリ。まずBDにはない始まりでびっくりした・・・。
BDで変わってた点はデートシーンでピンモンの歌が始まるときのシェリルの画面が
射手座のシェリル。(BDではピンモンのジャケ)
ファミマでアルトとランカに割って入るシェリルの画像が次のシーンで外から見える
ファミマにシェリルの画像が追加。(映画ではなかった。)
ここからは新たに気になった点
森デートの時シェリルが振り返ってアルトの写真を撮ろうとするときシェリルがキラキラ
してた。(振り返りざまキラキラって初恋っぽく使われるから、気になりました)
ジャイロバイクでアルトがフォルモに行くときシェリルに声かけたセリフ
「おーいまだ遊ぶ気かよ?」が本当に後ろから聞こえてスピーカーの方を
見てしまった・・・!!^^;

首が痛くなってきて、ランカのCMシーンになったら下を向いて首を癒す。

アルトに突き飛ばされたのに、ダイクレを「ある人のために歌いたい」って言って
左耳を気にしてた。(TV版も気にしてたのかな?覚えてない)
シェリル、アルトが好きなんだなー・・・と。
アルトもすぐシェリルのとこ駆け寄っていくし、突き飛ばしたのは演技する中村さんも
辛かったと言ってたし、シェリルをどん底まで落とさないといけない演出だと思って
耐えれるよ!!我慢する!!
ランカは自分目的だと気づいて囮になって走ったけど、結局捕まったら「助けて」
っておかしくないか?!余計な面倒を起こしただけなんだけど・・・・
自分目的って自分は気づいてるんだから、結局ランカ目的でまたバジュラ来るじゃん
しかもシェリルは自分が囮になって、それでも助けてなんて言わない。
この2人の違い!!!!
ランカがせめて、「私はいいの!!」って言えばかわいいヒロインに思えた
そしてランカ救出する時、アルトとシェリルが夫婦の共同作業に見えた
自分たちのかわいい子供を助けたって感じだったわ。
ランカは助けられて、勘違いしている様子^^;
なんだろ・・・割と平気で今まで見れてたんだけど、集中してたせいか、やはりランカは
要らない子に思えてきました・・・。イラッ☆としたよ
予告カットで出てきた赤い機体はランカの恋犬ライブで乗ってた機体でした。
あとはサヨナラでつかってないでしょ!!なんていう釣り!!!

サヨナラ。
冒頭の教会に走っていく足のズボンの裾の色が白でした。家に帰って資料を確認する
とシェリオのズボンは薄紫なので、あの白いズボンはシェリオではないことがわかった。
扉バーン!の時は残念ながら巻き髪シルエットなので、是非あの白いズボンの持ち主
の続きをBDに追加してほしい・・・・。
護衛、アルトのもってる雑誌がシェリル本ぽっかったんだが・・・。
それと、これは2本続けてみたから気になったんですが、イツワリでは笑顔で終わった
ブレラとアルト。なぜかサヨナラでは「そんな男はおよしなさい。腕はたつが心が
ともなってない。」と言われてました。
しかもアルトはブレラを嫌がってた。
イツワリではそんなシーンなかったし、護衛期間アルトとブレラの間に何があったのか。
心が伴ってない出来事ってなんなのかがすっごく気になった。
この時のシェリルの様子からすると、護衛期間中はケンカップルです。
弱気になるのは、アルトが慰安旅行以降。
慰安旅行のランカのぶりっ子が・・・・orz しかもアルカトライズのライブの時の声も
マジぶりっ子でやばかった。クオーターでの話し方とライブでの話し方が違ってダメだ
アルトと浜辺で話す時。イツワリの話をするんだが、自分が目的でバジュラがやって
きた事を忘れてる発言。これも続けてみたから気づいた。
なんでそこだけ記憶喪失?!見る度に映画のランカも嫌いになっていくよ・・・監督ェ
アルトはイツワリ話になったとき、お守りを触ってたんだが、そこにシェリルのイヤリング
が入ってるだろ!!と思った。
ランカの戦闘曲は合わない!ランカの歌も好きだからこそ思った
恋犬も放課後も全く萎えた!!ホシキラやクマクマはじかわいいし、癒し曲として大好き
だよ!ただ、癒しの声だと思ってるので、戦闘に癒しの声で戦ったらだめだろ!と
シェリルのアイモも似合わないから。それと一緒でこれは戦闘曲として使ってしまった
監督?が悪いよ・・・。
告白シーンもシェリルやオズマも死んだと思われてる場面で「言っちゃった・・・(テヘ)」
のぶりっ子もない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ランカをはっきりふるための前置きとして、そこでしか尺がとれなかったのはわかる。
だが、「言っちゃった・・・・(テヘ)」で視聴者がランカかわいい!!とはなりません!!
こんな演出でまともな女性は騙されません。
平和な時ならともかく・・・。ランカももっとかわいい演出があったはずなのに、残念でな
りません
マクロスは行間を読むアニメなので、ノリとか雰囲気で作ってると色々考える視聴者が
多い中これをやってしまうスタッフが恐ろしく感じました。
何回も見る人が多いわけで、だんだんわかってなかったことを感じ取る人が多いので。
幼児向けアニメなら通用できるランカのかわいい演出でした。
マクロスFを楽しんでみたいのにランカがいることでイライラしたくないんだ。
結果。TV、映画ともににランカは要らない子。ランカは悩んで色々立ち向かってないので、
超邪魔な脇役。むしろランカがいない方がフロンティアも平和。それを知らないフロンテ
ィアの人々がかわいそう!!
ランカが心痛めたのって失恋だけ?!
アルトもシェリルも両想いなのにトライアングラーに振り回されどれだけ、悩んで戦って
生き延びたと思ってんだ!!
ランカはバジュラは殺さず連れ去ってるって自分で砂浜で言っておいて死なないって
わかってるしあんだけ守られてる意味がわからない。
むしろバジュラにつきだしてもいいだろ!!!
アルトは悩んでた役者の事や、歌を届けるため悩み、告白するのにも自分の命も危うく
した。アルトにしてはすごく考えてたし、成長もしてた。
シェリルも歌のため命をさしだし、前線で戦う。自分が努力で築いてきたものを死刑囚と
いう役までこなし、監獄の中で死と向き合いながらも歌を歌った。銀河の妖精が監獄で
歌う状況ってほんと悲しかった・・・。
ランカ・・・・・・たまたまシェリルのステージで歌ってもてはやされバジュラからは
絶対攻撃を受けない子。兄にも守られ、アルトからも守られ、最終決戦ではシェリルからも
守られしかも風の導き手?!!!!!!おいおい!!
ノーム性はシェリルなんだからサラ・ノームの力を受け継ぐのはシェリルでいいんだけど。
ランカはバジュラからも愛され、サラ・ノームと同じ力を持ち、努力しなくても私の力は
無敵です展開が・・・・・・ありえない・・・。こんなやつ愛せるか?
フロンティア市民にこの状況を教えたい。
バジュラは攻めてきたんではありませんランカを助けに来てたんです。
って説明で市民は納得しません。むしろランカを死刑だろ
TV同様ひどかった。1回目視聴の時はランカいい子やん!!って思ったけど・・・。
無敵設定と必死に戦ってた2人を比べると・・・これで歌姫はないな・・・。サヨツバはまだ
3回目なのでBDを見て新たな発見とかしたい。
ランカは悪役なら許せる。

マクロスFを知り、ゼロ、プラス、7を見てきてこの時の主役たちと同様に今後受け継がれ
ていく名前って思うと本当に嫌なんです。まあ、マクロスの次回作ではまった子たちがFを
見て次回作で祭り上げられてるランカという歌姫に衝撃をうければいいと思います。

イサムがどれかわかって楽しかった^^機体しか映ってなかったけど!!
「かわいこちゃん!!ひゃっほうううう」だったかな?^^

ワンナイトは良いアルシェリ映画でした。
2次創作で二人を幸せにしなければいけないなーと改めて思い、いい漫画を描きたくな
りました
アルトとシェリルというキャラクターを生んでくれて本当にありがとう!!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
ランカいなかったらシェリルスパイ容疑で捕まってそのまま死刑にされて終わりだったと思うけど
テレビでも感染者だし
どっちにしろ感染の病気で治すすべなく死んで終わり
NONAME 2014/01/21(Tue) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
りや
性別:
非公開
自己紹介:
マクロスのシェリル至上主義のアルシェリです。
でもアルトもシェリルも大好きです。
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) マクロスぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]